平成15年1月のえせグルメ日記


1月31日(金)〜2月3日(月)

  • 上海食べ歩き

    初日
     金曜日と土曜日に休みを取って上海へ。 ねむねむの取材旅行なんだけど、あおもくっついていくことに。 あおの目的は中国の生活を知るために雑誌を購入すること。 旅慣れているねむねむ父を含めて3人でゴー。
     申し込んだのはAVAのツアー。 時期にも寄るんだろうけど、上海に3泊4日で5万円くらい。 ビザでプラス1万だけど、ホテル代と旅費でこれは安いよね!
     まずは成田へ。 車だと駐車場が高そうだけど、事前に
    NEW USA パーキングが 安いらしい情報をゲット。 おぉ、これは確かに二人以上なら電車より安い。 予約して車でゴー!
     考えてみたらあおはプライベートな海外旅行は初めてだ。 その点、ねむ父は旅行先が100カ国を超える超ベテラン。 上海なんて言葉が通じなくて困りそうだけど、 ねむ父がいれば安心かな。 言葉が通じなくても生き抜く術を持っている、という意味でね。 そのねむ父とは成田空港で合流。 いよいよしゅっぱ〜つ!
     出国の審査は意外とあっさり終わった。 以前仕事で成田から出る祭には2時間くらいかかったのにな〜。 抜けると早速お決まりの免税店で物色開始。 実は何にも買う気は無かったんだけど、 あおが最も好きなブランド、EAの化粧品を発見しちまったっす。 最近EAのショップに行っていないからわからないけど、 たぶんここにあるのは日本で見た事無い。しかも結構安いな〜。 ということで旅行用コロンと、アフターシェービングローションを購入(^_^) 早速満足(笑)
     飛行機は3時間くらい。 時差が1時間あるので時計の上では2時間くらいだけど。 そこでも楽しめる。 まずは飲み物。 ビタミンCが豊富らしいスカイタイムを注文。 甘いジュースだけど、なかなかいける。 ビタミンCを補給しないとね。 機内食は、前菜のシャケのマリネ等シーフード、 サラダ、メインディッシュの鶏のカツみたいなの、デザート、 それにパンと、飲み物としてコーヒーか紅茶か日本茶。 メインディッシュに肉か魚かは選べないけど、その代わりというか両方ある。 他もかなり多くの品目が用意されていて、かなりいける。 豪華で味も美味いけど、揺れて食べにくいので満足感は少し足りない感じかな。 コーヒーを最後にゆっくり飲んで、大満足だけどね。
     いよいよ上海空港へ。飛行機は無事着陸。 飛行機の中から見る上海空港はすごく綺麗。 広さは成田空港と変わらないかな。 近代的なガラス張りの建物は成田空港より遥かに綺麗かも。 降りて通路も綺麗。 入国審査もすんなりOK。 緊張したけど一言もしゃべらず済んだのでホッ。 荷物受け取りも済ませて、待合場所へ、 …っておぃ、荷物のナンバーチェック無しかい! これじゃ盗み放題ジャン。早速危ないな〜(-_-;
     待合場所では日本語堪能な現地スタッフが出迎えてくれた。 迎えのバスでホテルへ。 途中で驚いたのはリニアモーターカーが既にあるということが最大かな。 高層ビルとかもそうだけど、日本より進んでいることも結構多いね。
     ホテルは超豪華〜。 今日は上海の大晦日、明日から旧正月ということで、 大晦日の雰囲気を味わいに外出。 この数日だけは上海人もお金を使うとの事。 花火が派手に上がっている。 そしてなんと言っても爆竹だ。すごい音をあちこちで立てている。 ま、今日はもう夜中なのでこの辺に。 帰りにコンビニで、飲み物とお菓子とCD付きのPC雑誌を購入。 全部で20元くらい。日本円で300円相当くらい。 税込みかどうかは不明だけど追加では取られないし、安いよね。 ちなみに飲み物は甘いお茶。こっちはお茶は甘いものしかないらしい(;_;)

    2日目
     朝はホテルのレストランで朝食。 チケットがあるので無料だ。 最初に Coffee or Tea と聞かれるのでちょっと英語力は必要かも(^_^; 洋食・中華のメニューがずらりと並んでいて、 おかゆをメインに色々取る。大満足だ。
     食事が済んだらちょっと散歩。 途中で大きな本屋さんへ寄ることに。 サイン会か何かかな。人が並んでる。 テレビ局も来てて、何故かねむ父がインタビューされることに。 といっても何言ってるかわかんないので「じゃぱにーず」という一言で終了(笑)。 まあ、上海人と私たちの区別は付かんよ。 若い人に茶髪が多いのも日本と同じだし。 私たちもすっかり溶け込んでる感じ。
     続いては地下鉄に乗って上海駅へ。 3駅と短いけど2元(30円)はさすがに安いね。 地下鉄は普通かな。 切符は磁気形式かな、使い回しが利くようにしているみたい。 それ以外は日本とあまり変わらないかも。 上海駅では、明日行く予定の鎮江までの往復切符の購入だ。 言葉があまり通じず、 更に込んでいるらしくてチケットはすんなり取得できなかったので、 しかもなんだか窓口のおばさんの友人が来てて真面目に相手してくれないので、 ムチャクチャ時間かかったけど、なんとか購入。 行きは寝台。帰りは普通。どちらも軟席と呼ばれる高い席。 ちなみにチケット売り場の入っているホテルで呑んだコーヒーは1杯20元(300円)。 これは高い…(-_-;
     次は上海博物館。人民広場駅まで地下鉄で戻る。 色々眺めて楽しかった。ねむねむは資料を購入。
     そこを出た後、目覚し時計を購入。 宿泊しているホテルは超高級なんだけど、 目覚し時計が壊れていたようだったので購入することに。 一切英語も日本語も通じないおばちゃんと、中国語を全く話せないあおが交渉。 12元(180円)でゲット!しかも電池をおまけしてもらった。 身振り手振りだけでもなんとかなるもんだ(^_^)
     そこから今度は静安寺へ。 線香と言ってよいのかな。皆と同じようにでかいのを購入。 それに火をつけて皆拝んでるんだけど、 火が着いたまま体の正面で上下に動かして拝むので危ないっす〜。 なんとか火傷せずに済んだけど。
     そこからはタクシーで豫園へ。 タクシーは基本料10元で最終的に16元(240円)。 もう夕方だけど食事していなかったので食事へ。 う〜ん、この大衆食堂は大きくて汚い。席も箸も汚いないなあ。 マイ箸が必須という理由がわかるね。 お祭り中で高そうな感じだけど、それでも焼きそば1人前で5元(75円)とか。 その中では小龍包がすごく美味かった。12元(180円)で12個くらいかな。
     続いてお土産を100元(1500円)分くらい買い、 …つかこうして見るとお土産高いな… ホテルへ戻ることに。
     途中で夕食。少しお洒落な呑み屋へ。 現地の人が入るお店みたいなので安いっす。 ねむ父がベテランぶりを発揮。 隣のテーブルに出ているものをそのまま注文したのだった。 ほうれん草の炒めものと、タマゴのスープだった。 それとチンタオビール。あおは麻婆豆腐を注文。 その他揚州炒飯も。 メニューは漢字と英語で書いてるので何となくわかるのが良いね。 豫園で食べたのが遅かったのであんまりお腹に入らなかったんだけど、 それでもたらふく食べて3人で46元(690円)。 美味しかったし、大満足だ。
     その後は本屋へ。 朝はあまり時間が無かったのでじっくり探索。 しかし…、お目当ての雑誌が無い! こっちは雑誌は書店には置いていないものらしい。残念。 そういえばあちこちに雑誌のみを売っている店があった。 そっちで買えという事っすな。
     ちと寒かったので、その後で服を買いに。 結構よいセーターを発見。 75元と思ってレジへ持っていたらバーゲン中らしく50元(750円)に。 服も安い!

    3日目
     早朝から起きて鎮江へ。 行きは軟席の寝台。 3人で個室。しかも眠れる。超豪華だ。嬉しいね! 通常の硬席の4倍の値段がするだけのことはある。 それでも130元(約2000円)くらい。 3時間の旅だから、この豪華客室でこれは安いよね。 お菓子とか食べながら窓を眺めつつ、各人少し寝たりして、到着〜。
     駅へ付いたらタクシーを捕まえる必要があった。 並ぶところが事実上無いのと、地元の人は並ぶという概念は無いらしく、 タクシーが近くに来たら走って行って、 運転手へ行き先を告げて交渉しOKだったら乗り込む感じ。 言葉は通じないけど漢字を書いてゴー。 今回の目的地は2つ。 1つ目は観光地でも無い無名なところでタクシーも来ないと踏んで、 まずはそこまで行ってもらって運転手に待っててもらいつつ見学し、 その後2つ目へ行くというもの。 そう紙に書いて渡した…ハズだったんだけど通じなかったらしく、 最終目的地に付いてしまった(^_^; いやあ…。 無名な場所だけに最初の目的地は運転手も知らない。困った。 途中で「プートンファ?」と聞かれて、 ねむねむが『普通話は話せないのか?』と解釈に成功。 そこでハタと気が付いた。 彼らは標準語を話せるだけですごいのだ。 なるほど。 しかし話せないモンは話せないので 「いんぐりっしゅ?」と聞くと「ノー」という回答が。 う〜ん、どうしたもんか。。。 とりあえず近くまではわかるようなので、 そこで年配の方に運転手がたぶん地元の言葉で聞いてくれた。 どうやら近くにあるらしい。 何回か聞いたり動いたりして、、、 おぉ〜。発見。ありました〜!!!! 大感動。 運転手さんありがとー。 ここが今回の旅行の最大の目的だったので、よかったよかった。 しっかし疲れたよ〜(笑)。 無事見学して、今度は次なる目的地の北固山へ。 タクシーはここまでで合計して50元強。 基本料6元だからかなり乗り回した感じ(笑)。 チップと感謝料合わせて70元を支払う。 苦労かけたけど足りたかな〜。
     北固山は三国志で有名なところらしい。 というか私でも説明を聞けばわかるエピソードも。 見学し終わったところに雑誌屋があったので2冊購入。 とりあえずあおも目的は果たせたかな。
     その後は街中まで移動。 ホテルで食事。ここは洋風で少し残念。 あおはピザを頼んだものの高いし出てくるのが遅かった。 それでも全員で100元(1500円)くらいだったけどね。
     その場所で現地のお菓子を購入。 結構買って全部で5元くらいだったかな。 量り売りなんだけど、システムがわからずこれも困りました。 店のおばちゃんに怒られながらなんとか理解して購入。 ここは観光地じゃないので日本人は全くいない感じだね。 面白いけど辛いかも(^_^;
     さてさて戻りますか。鎮江駅へ別のタクシーで更に向かう。 駅に隣接しているお店でお土産を購入。 鎮江と言えば黒酢らしい。黒酢も含めて色々と購入。
     帰りは軟席の普通の席。席自体は新幹線の普通席と同じ感じだけど、 4人がけを1グループで占有できるのでゆったり座れる。 実は待合室も軟席と硬席で違うので、すごいリッチな気分。 日本の物価と比べると安いし、 日本人としては軟席にするのが大正解だろうね。
     無事ホテルに到着後は、ねむ父は吉野家へ。 後で感想を聞いたところ日本と同じ味だったらしい。 牛丼一杯12元(180円)は安いけど、こっちの物価で考えると高めかな。 吉野家は鶏丼とか現地に合わせた工夫をしている感じ。 その他にケンタッキーとかマックとか、ハーゲンダッツとか色々あったよ。 あおとねむねむは昨日とはまた別の居酒屋へ。 炒飯五目豆腐老酒とを頼んで26元(390円)。 昨日の居酒屋もそうだけど、 中華料理らしくこっちは出てくるのがかなり早いね。 美味しい中国茶はタダだし、 チャーハンも豆腐も美味くて、 今日も大満足。
     その後コンビニでおでん煮タマゴを購入。 これもなかなかいけるね。 ちなみにコンビには少なくとも5種類を確認。 その中にはローソンも。 それぞれの店舗は日本のコンビにより小さいけどね。

    最終日
     早朝に集合して帰国。 ちなみにホテルで円から元に変えたんだけど、 元から円には替えられないらしい。 こんなに物価が安いとは知らなかったから余りまくってしまった…(;_;) どうやら空港で買えて領収書をもらって、その半分の金額までしか戻せないらしい。 ま、いいけどね。また来れば良いんだし。
     帰りの機内食のメインディッシュは牛肉。 前菜に寿司。それ以外も少しずつ違うけど、 栄養のバランスの良い食事メニューだ。 時計を1時間進めて、帰国。 ふぅ…。
     ちなみに成田空港の中では安い店でざるそばを購入。 それが一杯680円消費税別。 やっぱり日本は物価が高いよ〜(;_;) お金を貯めて、老後は上海で生活ってのも良いかな〜。 とにかく楽しい旅でした(^_^)

    by あお

    1月10日(金)〜11日(土)

  • 札幌食べ歩き

    初日
     明日の友人の結婚式に招待されたので、喜んで札幌へ。 予めYahooで探したらなんと1泊2日のシングルで17,800円のパックを発見。 飛行機は全日空なので信頼性もバッチリ。 ホテルはいくつか選べるので嬉しい。 すすきの駅に最も近い札幌東急INNを選択。 保険料500円や振り込み手数料で1000円は余分にかかるけど、 それを考えても安いね〜。 まあ値段は出発日に大きく影響されちゃうけどね。
     さて当日は早朝の飛行機で札幌へ。 新札幌で降りて南郷7丁目のマジックスパイスへ向かう。 頼んだのはチキンの極楽。相変わらず美味い。
     次は阿闍梨(あじゃり)というラーメン屋さんへ。 実はここ、私が札幌時代に自分だけのスポットにしていた場所で、 えせグルメには紹介していないんだけど、 もう隠れ家にする必要もないので紹介。 北キツネラーメン(680円)がオススメ。 味噌ラーメン好きのあおにはたまらない、甘辛味噌味。 面は太くて柔らかい感じ。 正直言って、味だけを追求した頑固なラーメン屋と比べると味は劣るかも知れない。 庶民的な味と店の雰囲気が温かくすごく好きな店。 札幌時代、残業する日に、ってほとんど毎日だけど、夕食を食べに通っていた。 でも会社の人間に会ったのは1回だけ。 仕事も忘れて少しだけのんびりできる空間だった。 4年ぶりに行ったけど、味も雰囲気もそのままでよかった。 おばちゃんもまだまだ元気にやってるし、また行きたいな〜。
     昼食を2回食べた事になるのでさすがにおなかいっぱい。 少し休んでたぱさんが企画してくれた呑み会へ。 でんがく屋という居酒屋で、海産物やおでん、串ものが食べられる。 かなり美味い。良い店だ。 札幌ではこういう良い店が多いから、たまに行くと本当に感動しちゃうね。 また食べてしまって更にお腹いっぱいだ(^_^;
     呑み終わり、締めのラーメン。 札幌では呑み後にラーメンを食べることが多い。 近くで評判のお店は込んでいたので、 札幌時代によく通っていた山岡屋に行くことに。 ここでも味噌ラーメン(560円)を注文。 おおきなのりにチャーシュー。油の多いスープ。 好き嫌いはあるかも知れないけど、クセになりまた食べたくなる味だ。
     いやあ、久しぶりの札幌はお腹が苦しい^^; 満足、満足っす。

    最終日
     結婚式本番当日。 前の会社での同期入社のT君もとうとう結婚か。 更に彼も私が辞めたのとほぼ同時期に転職。 似た境遇の持ち主だけに、幸せになって欲しいものです。
     結婚式の後は披露宴。 札幌の披露宴は正直言って淡白なものが多い。 会費制で、実質は東京の半分くらいの出費で済むから当然なんだけど…。 でも今日は違った。 会費が東京の相場の半分くらいなのは変わらないんだけど、 料理は本格的なフレンチで絶品。 前菜からメインディッシュ、 最後のデザートビュッフェまで。 おいしゅうございました(_ _) マジで美味かったっす。
     順番が逆になったけど、ここはジャンダン・ドゥ・ボヌールという、 昨年11月にできた新しいレストランらしい。 式ではウェディングプランナーが、 ハンズフリーのマイクとイヤホンで連絡をとりながら 忙しく動き回って進行していたのが印象的。 このレストランが数人契約していて、 そのうちの一人がメイン担当という形でやっているみたい。 初めて見た気がする。 結婚式そのものもすごくよかった。 もちろん結婚式の進行は新郎新婦の要望が大きく、 それが良かったのが大きいのだろうケド、 ウェディングプランナーって重要なんだなって思った。 テレビで有名になって初めて気付いただけかも知れないけどね(^_^;

    阿闍梨… 札幌市平岸3条9丁目道銀そば
    でんがく屋… 札幌市中央区南7条西4丁目プリンス会館3F
    山岡屋… 札幌市中央区南2条西1丁目ほか
    ジャンダン・ドゥ・ボヌール… 札幌市中央区双子山4-508-4
    by あお

    1月9日(木)

  • 横浜元町めぐり
     明日の早朝から友人の結婚式で札幌に行く予定。 明日休暇を取るついでに今日も休暇をゲット。 13日まで5連休…と言いたいけど、仕事はあるのでどこかで出社かなあ(爆)。 ま、それはそれとして、 今日は横浜元町商店街散策へゴー。
     昼食の店を探すと、大戸屋というごはん処を発見。 私は知らなかったケド、 ねむねむが言うには有名な定食屋らしい。 店の外のメニューを見ると…、おぉ、安い! ってわけで早速入ることに。
     店に入るとレジに数人並んでいる状態だけど無視して席へ。 ここは和風の落ち着いた豪華な雰囲気の漂う店だ。 すごく気持ちいいね。 …などと思っていたら、先にレジで購入してくださいとの事。 なるほど、それで並んでたのね。システムわからないと難しい(^_^; あおは大戸屋ランチ(570円)、 ねむねむはつくねと温泉タマゴの定食(680円)を頼む。 その他に豆腐とじゃこのサラダ(270円)も頼んだ。 席に付き少し待つと料理が出て来た。結構早い。 大戸屋ランチは、かぼちゃのコロッケとポークから揚げ、 付け合せの野菜が一皿に。 それに漬物と、ごはん、お味噌汁が付いてこの値段。 つくねの方も同じような感じ。 豆腐サラダはたっぷりのサラダとたっぷりの豆腐。 すべて安くて豪華だ〜。 手軽さ・早さ・安さ・雰囲気からすると、 和風の定食屋とファーストフードの中間に位置するかな。
     大戸屋でかなりおなかいっぱいな状態で服を探す。 ホントはボトムが欲しかったハズなのに、 途中の古着屋でジャケットを購入(おい)。 予算減(自爆)。 店の名前忘れちゃったし、元町商店街の店じゃないみたいでわからないけど、、、 メイン通りから右に入ったところにあったインポート系の古着店。 品揃えがすごく充実していたし、 エンポリオ・アルマーニのスーツが1万円以下とか安く買える。 古着だから自分の好みやサイズに合うのを探すのは大変だけど、 すごい良かった。ときどき行きたい店ですな。
     次に入ったのは喫茶店。サンドグラス。紅茶の美味しい店と書いてある。 ケーキセットが1000円で、ケーキ単品が350円、、、紅茶高いな(^_^; まあたまには贅沢も良いでしょう。 あおはケーキセット(1000円)でクレームブリュレとダージリン。 ダージリンティーは単品だと800円だ。 ねむねむはカラメルのチャイのホット(700円)。 注文するとケーキはすぐに出てきた。 その後続けてチャイとダージリン。 クレームブリュレも本格的で美味い。 それとダージリンがすごく合う。 すごく美味しい紅茶ではあるが、 1杯800円の価値があるかは私にはわからない…(-_-;; カラメルのチャイも甘くて美味い! 贅沢に休むには良いところダネ。
     休んだ後にGAPでボトムを買い(安く済んだ!)、元町散策は終了。 ねむねむはまだまだいるとの事で、私だけ移動。横浜駅へ。 どこもバーゲンセール中なので迷いに迷ったあげく、 丸井に入っているASMでボトムをも一つ購入。 こっちも安く済んだ(^_^) 満足して帰宅。綱島へ。
     綱島駅を降りて西側に進むと、右手に以前から気になっていた 新しくできたシュークリーム屋がある。モンプティシュというお店だ。 フレンチレストランの系列の店らしい。 そこでシュークリームのカスタード(120円)と、 シューポティロン(140円)を購入。 帰って食べることに。 ねむねむがまだ帰宅していなかったため少し冷蔵庫に入れて、 帰宅後二人で食す。 おぉ美味い。甘さがかなり押さえられていて、 本格的な大人の味と感じさせる。 カスタードもあまり甘くない。 ポティロンはかぼちゃの意味らしく、 カスタードにかぼちゃが加わって良い感じに仕上がっている。 あまり人が買っているのを見たことが無いが、 安いと思うし、上品だと思うけど、上品過ぎて受けないのかなあ…?? 私が帰宅する時間はいつも夜中で閉まってしまっているけれど、 また買えるタイミングがあれば買おうっと。

    大戸屋(横浜元町店)… 横浜市中区石川町1-1 カーサ元町2F
    サンドグラス本町… 横浜市中区本町5-181
    モンプティシュ… 横浜市港北区綱島西1-6-3
    by あお

    1月4日(土)

  • ヴィーノ・ヴィーノ(港北)
     三箇日をゲームをしつつも寝て過ごし、 4日目でようやく外出。食事と買い物でセンター北へ。 食事はおもちも飽きたしスパゲッティにしようとねむねむと話す。 しかし…、センター北の駐車場はムチャクチャ混んでいて断念。 スパゲッティ屋さんも混みすぎ。 皆同じこと考えないでよ〜(;_;) ということでナビで探してみると意外と近くに色々あったので、 店を一つ決めて早速行くことに。 選んだのはヴィーノ・ヴィーノ(Vino Vino)というお店。 第3駐車場まであるらしい。結構広いみたいだね。
     早速車を停めて中へ。しかしここで一抹の不安が…。 というのは私の車(日産スカイライン)の両脇が両方ともベンツ。 更にはオペルにBMW。 歩いていると更にBMWが入って来た。 こ、この店、高いんじゃ…(^_^; でもまあ店の外にあるメニューを見る感じではそうでもないみたいなので、 そのまま入ることに。
     中は結構広い。家族連れも結構多く、 ラフな格好の人ばかりだしとりあえずホッ。 席に案内されてメニューから選ぶ。 ニンニクとアンチョビのピッツァ(1180円)と、 生パスタのカジキマグロとマッシュルームのトマトソース(1280円)、 そしてケーキセット(750円)でパンナコッタを頼む。
     注文してしばらくするとピッツァが出てきた。 結構早くて気持ち良い。 かなり大きな皿でびっくりしたけど、 生地が薄いのでやっぱり一人前かな。 一切れ手に取り、、おぉ、生地がパリパリなのでピザにしては食べやすい。 一口。チーズの旨味と、アンチョビのしょっぱさがグー。 やっぱり本格的なものは美味いっすね(^_^) あっと言う間に食べてしまったら、 良いタイミングでパスタが登場。 やっぱり本格的なレストランだねえ。 パスタも一口。。。 おぉ、生パスタがすごく美味い。 マグロはシーチキンっぽくなっているけどトマトソースと絡んで美味い。 最後はパンナコッタと紅茶のセット。 ほんのり甘いパンナコッタに、苦めのカラメルソース。 大人のデザートな感じ。量は少ないけどね(^_^;
     久しぶりに本格的なところに入ったので満足満足。 家族連れにも良いし、デートにも使えそう。 更に500円引きの券ももらってしまったので、 次はこれを使えば十分安いネ。

    ヴィーノ・ヴィーノ(港北)… 横浜市都筑区牛久保1-1-65
    県道102号からすみれが丘入り口をセンター北駅に曲がって左側
    by あお

    1月1日(水)

  • お神酒&甘酒(諏訪神社)
     平成15年、2003年になりましたね!
     綱島に引っ越してから初めて、年越し直後の初詣として諏訪神社に行くことに。 綱島街道沿いの、綱島駅から少し日吉側に行ったところから坂を登っていくとある。 諏訪神社っていうんですね。綱島神社とばかり思ってました。 うわあ、既に人が並んでいる…。 綱島街道まで飛び出そうな勢いっすな。 坂の途中で並ぶことに。
     はやし太鼓が鳴る中お参り。 お神酒をいただけたのが嬉しい。 更に少し進んだら甘酒もサービスしてくれていた。 なんとすばらしい。 どちらも高い金取っても売れそうなものなのに、 ここは良心的なところですねえ。 新年早々から気分が良いですな。
     てなわけで、今年もよろしくお願いします!

    綱島神社(綱島)… 綱島街道沿い、綱島から少し日吉へ歩き右側坂の上
    by あお


    戻る